フケの原因と対策

頭皮は書いて字のごとく、頭の皮膚です。
全身の皮膚と同様に、新陳代謝をして、古くなった皮膚は新しい皮膚に入れ替わります。

 

フケ自体は古い頭皮がはがれたものですので、それ自体は生理的現象なので、自然現象です。問題はその程度です。そのフケの量が通常よりも多く頭皮から発生してしまう症状がいわゆる“フケ症”とよばれます。

 

頭皮には、皮脂を分泌するための皮脂腺というものがあって、この皮脂を栄養源としている菌もそこにいるのです。頭の上に菌がいるというのは、とても気持ちが悪いように思われますが、人間の身体には他にもたくさんの菌が住みついているので、それ自体は全くの正常な状態なので、この菌の存在自体も問題はありません。

 

問題は、皮脂の増加により、この菌が通常よりもはるかに多くなることです。皮脂の分泌量が多くなる事で、頭皮の皮脂腺に付着している菌が大量に繁殖する。これが、フケ症の原因なのです。
皮脂の分泌量はどのように抑える必要があるのです。

 

皮脂の大量分泌の原因は?

フケ症の原因となる癜風菌の大量発生は、皮脂の大量分泌が原因です。
皮脂の分泌量が増える原因とは何なのでしょうか?

 

一般的に、男性の方が皮脂が多いといわれています。フケ症は男性に多い病気ですが、皮脂の分泌が多いというのは、生まれ持った体質であったり、性別であったりといった本人にはどうしようもない面もあります。

 

しかしフケの多くは、生活習慣が整っていないことで生まれす。フケ症の原因は、生活習慣の乱れであると考えても差し支えないでしょう。
原因を挙げると以下が根本であることがほとんどです。

 

食事時間の乱れ

人間の身体に異常をきたす最大の要因のひとつとして、 食事時間の乱れは原因で皮脂が過剰に分泌してしまいます。
皮脂の過剰分泌の原因として挙げられます。

 

睡眠不足

皮脂の過剰分泌の原因として挙げられるのは、睡眠不足です。これも人間の身体に異常をきたす最大の要因であり、皮脂が過剰に分泌してしまいます。

 

ストレス

ストレスが溜まった状態も皮脂の過剰分泌の原因となります。性別によって皮脂の分泌量が変わるという事に関連し、ホルモンバランスの乱れによる過剰分泌も考えられます。ビタミンBの不足も皮脂の大量分泌が原因と指摘されているようです。こ