フケが出る季節を予防する

フケが出る季節を予防しましょう。
フケの出やすい季節などはあるのでしょうか?

 

それは冬です。

 

基本的にフケ症は通年通してでてくるものです。原因は個人の生活習慣と体質によるものが大きいからです。
しかし一般的には、フケは冬に増加し、夏に減少するといわれています。

 

なぜなら冬は肌が乾燥しやすいことが1つにあります。冬は外気が乾燥し、室内でも暖房の影響で、いっそう皮膚が乾燥しやすくなります。頭皮も同様で頭皮が乾燥すると、皮膚のひびわれや脱落が増えて、フケが増加してしまいます。

 

洗髪のしすぎがフケにつながることもあります。皮膚表面を覆う脂質が過度に洗い流されると皮膚のバリア機能が低下して、外部からの刺激に弱くなるためです。

 

お肌と同様に、頭皮も冬にはしっかり保湿してあげることが大切です。乾燥から頭皮を守るには、栄養と大切ですが、今では乾燥対策や乾燥肌向けの頭皮ケア剤も売られています。