新育毛理論

ヘアサイクルが正常化し、髪がふさふさになるための理論が存在します。

 

貴方の頭皮で毛はどんどんつくられ、成長しようとしています。
その働きを無視するかのように脱毛のスイッチが常に「オン」の状態になっているから、毛は生え始めたそばから抜けていき、ドンドン薄くなっていくのです。

 

「育毛」とはつまり、そのスイッチを通常の状態に戻してやることに尽きるのです。それ以外にはないのです。

 

ヘアサイクルを正常化するとは・・・・・・・・・・・・

 

そこで皮脂腺細胞から発せられる脱毛シグナルをブロックする事による全く新しい、育毛法です。

 

正常なヘアサイクルとは、産毛が生えてから抜けるまで約6年かけて行われます。

 

薄毛、抜け毛に悩む方は、産毛から成長する前に抜けてしまうのです。
毛が生えても、成長する前に抜けてしまうのです。

 

そこで、抜けてしまう原因(抜けろ!の命令)にブロックをかける!
これが育毛新理論です。

 

決して生えないのではありません

 

 

脱毛因子をブロックし発毛成長【発毛目的の頭皮用ローション】ダンサージ

発毛目的の頭皮用ローション育毛剤

ダンサージは日本ではじめて脱毛因子をブロックする目的で作られた育毛剤です。

 

 

「ダンサージ」開発の経緯

 

男性型脱毛症の原因は何か・・・・・・
髪の毛のことで悩んでおられる方であればすでにご存知のように、なぜ若くして髪の毛が薄くなり、
ついにはハゲていくのか、つまり男性型脱毛症の原因は何かということは、最近まで解明されていませんでした。

 

「男性ホルモン」は、毛の成長を促進して太くて濃い毛をつくる。
その一方で「男性ホルモン」は「脱毛の原因」にもなっている。という矛盾が解けなかったからです。

 

ヒゲや体毛はモジャモジャしているのに、頭のてっぺにんだけツルツルなのはなぜか。
その両方に「男性ホルモン」が関わっているのは、どういう仕組みからなのか。

 

それがまったくわからず、「毛のパラドックス」として放置されているのが現状でした。

 

この世にたくさんあるさまざまな「育毛剤」が「脱毛症」には効かないことが、無関係ではないと推測できます。

 

それは、なぜ「男性型脱毛症」が起こっているのかがわからなければ、
その根本原因をシャットアウトすることもできないからです。

 

なぜ、「育毛剤」が聞かないのか。二つの大きな仮説がありました。

 

まず、「脱毛」の仕組みには、「なんらかの物質」が関わっていると考えました。
体内の生理的なはたらきは、感情の動きにしろ血圧にしろ、すべて物質の影響を受けているからです。

 

 

抜け毛を抑える海草から抽出した、TFG制御カラギーナンと、タモギダケ抽出液を配合。

 

髪を健やかに育てながら、いかに脱毛因子をブロックし発毛成長させる為に開発されたのがダンサージです。

 



 

【発毛目的の頭皮用ローション】ダンサージ