毛母細胞を活性化する 〜「M-1」がいいワケ

頭皮から有効成分を浸透させ、毛根に直接働きかける育毛剤です。
かつては頭皮に届かなかった育毛剤の成分も、最近では
育毛剤の有効成分を毛根まで届かせる新技術が開発されています。

 

コラーゲンや酵素の分子の働きで、汚れや不要な角質を除去し、
細胞を活性化させ、皮膚等を若返らせる分子ピーリングを
を活用した育毛剤が育毛ミストM-1です。

 

刺激が少なくデリケートな肌の方にお勧めです。
ベタベタせずさらっとして使いやすく、育毛剤特有のいやな匂いがしないので安心です。

 



発毛ミストM-1の購入時のお得情報

育毛ミストM-1は1ヶ月以内の手続きで返金保証がついてます。
準備をしておいてください。

 

返品する場合は、注意書きを読んで指示に従います。事前に必ず販売会社のサラヴィオまで電話します。

 

全額返金するときは事前に手続きを取ります。

 

 

頭皮のかぶれ、抜け毛が増えたら返金できます。
全額返金は、かぶれたり抜け毛が増えた場合は素直に全額返金の手続きをしましょう。

 

 

M-1のボトルを捨ててはいけない

全額返金するときに、返品するときにつかいます。
捨てないで取っておいてください。

 

 

まずは1本だけ購入しましょう

3本組、6本組は返金できません。
賢い買い方は、最初は1本だけ買う。これにつきます。

 

 

世界初!分子ピーリングの発毛・育毛ミスト[M-1]

著者によるM-1体験談

ともかく育毛に関しては一家言あるのが『飛び込めっ! 男の科学くん』(ぶんか社)著者の川口友万氏。自らのM字脱毛を生かして、あらゆる育毛剤を経験した男は、1本の育毛剤にどんな評価を下すのか。以下、川口氏のレポートだ。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 私は育毛剤を信用してない。育毛剤の謳い文句は、毛穴から栄養を流しこんで髪を育てる。私は笑う。髪と野菜を間違えてないか? 「M-1」も宣伝にカイワレの写真だ。カイワレが育とうが枯れようが髪と関係ないだろう。さらに毛穴の“皮脂を除去し、大掃除”の宣伝文句に、ホームレスを見ろ、洗わなくても髪は抜けない、と小バカにした。

 

しかし私が間違っていた。

 

「M-1」を製造販売しているサラヴィオ化粧品、その本業はバイオである。カニの甲羅から抽出されるキトサンは食品添加物や医薬品の原料だ。普通は塩酸などで甲羅を溶かして抽出する。同社では化学薬品を使わず、酵素で分解、抽出している。同社が扱う酵素はカニの甲羅さえ分解するのだ。その酵素を配合したのが「M-1」だ。

 

さらにもう一つ、細胞を元気にする酵素が作り出した活性低分子群も含まれている。細胞の環境を整え、毛母細胞を復活させる。「市販の育毛剤が効かないのは、毛母細胞が弱ったままで栄養を入れようとするからです。いくら栄養を入れても細胞が吸収できないと意味がない」(同社・濱田拓也社長)

 

毛穴の掃除は、この酵素群を毛母細胞のある毛乳頭まで届けるために行うのだ。酵素の作用は細胞の種類を問わない。だからカイワレにM-1を与えるとその成長が対照群の1.5倍も早い。外的ストレスを酵素が除去した結果、細胞の分裂速度が上がり、成長が早まったのだ。

 

 私は日に何度も「M-1」を噴霧している。「M-1」は水のようでにおいもなくさらさらだ。だから髪をかき分け、頭皮に直接吹きかける。ボツボツがなくなれば、酵素の力は本物だ。使い始めて1週間、錯覚でなければ、ボツボツが小さくなっている。

 

 結論はまだ少し先だが、今日も私は「M-1」を頭に吹きつけている。

 

世界初!分子ピーリングの発毛・育毛ミスト[M-1]