髪を掻くクセをやめる

フケ対策として基本的ですが、髪を掻くクセをやめることも大切です。頭をつねに触らないことです。

 

フケ症予備軍の人、既にフケ症になっている人、昔からフケ症に悩んでいる人に共通しているしぐさとして、髪を掻くクセが多いということがあげれらます。

 

こういう人たちは第一に挙げられるている最も基本的なことですが、頭を触らないことですが、クセになっているとなかなか難しいのです。クセになっていない人は、クセにしてはいけません。

 

フケ症の方は、フケを気にしてしまうのでフケが気になると、頭皮を触ってしまいがちだからです。頭をかきむしったり、爪で強引に頭皮を剥がそうとする方がかなり多いのです。

 

フケを気にしすぎるために、触ってしまう、それがかゆくなり、かいてしまう、かさぶたになり、それをかきむしってしまい、かえって症状を悪化させてしまう。「フケスパイラル」に陥ってしまうのです。

 

皮脂の過剰分泌が原因でフケ症になった人の場合、フケが頭皮、髪の毛の付け根に固まりになってこびりつくケースが目立ちます。強引に剥がそうと爪を立てるのが癖になってしまっています。これこそがフケ症の原因といっても過言ではありません。

 

ふけ症でお悩みの方の大半がこれで悩み、また大半の方がこれによってさらに症状を悪化させてしまっています。フケ症にはかゆみが伴うことが多いですが、もともとは我慢できないほどのものではないのです。