洗髪方法を改める

フケ対策には、まず洗髪方法を改めることから始めましょう。

 

基本的なことですが、清潔な環境を保つために毎日の洗髪はもちろん大切なことですが、実はこの洗髪の方法です
以下のチェック項目を確認してください。

 

お湯の温度は40度

頭皮に刺激を与えすぎることは良くありませんので、高温のお湯ではなく、40度前後のぬるま湯を使う事をお勧めします。

 

シャンプーの前にぬるま湯で洗う

さらに時間がある人は本格的に洗髪する前に、ぬるま湯だけで軽く洗って、ほこりなどの汚れを流しておくと、頭にお湯が馴染んで、頭皮の刺激が軽減されより効果的な洗髪が行えます。

 

シャンプーはゆっくり丁寧に頭皮を洗う

その後に使うシャンプーは、できるだけゆっくり、優しく髪全体に馴染ませましょう。シャンプーは髪ではなく、頭皮を洗うことが目的です。ゴシゴシこするのではなく、指の腹でしっかり揉み解すように洗ってください。

 

シャンプーはつけすぎない

市販のシャンプーは、洗剤を同じ成分の界面活性剤を使っているので、シャンプー自体は頭皮にあまりよくありません。シャンプーのつけすぎとシャンプー後のすすぎが少なくて、頭皮のシャンプーが残ってしまう場合は、フケの原因になります。手になじませるくらいの量で十分です。たいていの人は適量の3倍以上使っています。

 

すすぎでシャンプーをよく洗い流す

市販のシャンプーは、洗剤を同じ成分の界面活性剤を使っているので、シャンプー自体は頭皮にあまりよくありません。シャンプー後のすすぎが少なくて、頭皮のシャンプーが残ってしまう場合は、フケの原因になります。よくすすいでシャンプーを完全にとりのぞくことが大事です。

 

リンスを付ける場合は、頭皮にはつけないこと

これもシャンプーと似ていますが、リンスも頭皮に残してしまうのもあまりよくありません。リンスの場合は頭皮は関係なく、髪のツヤを出すことが目的ですので、頭皮には一滴もつける必要はそもそもありません。リンスは髪の中央から毛先まで、なじませる程度で十分です。

 

 

 

 

フケ対策として、もしくはできる限りふけを軽度に抑えたいという人には有効です。