フケがでるワケ

フケがでるワケはなんでしょうか?

 

通常皮膚の細胞が生まれてからはがれ落ちるまでに、1ヵ月くらいかかります。皮脂は毛孔を通じて表皮に送られ、頭皮や毛髪のうるおいを保つもので、常時分泌されるわけではなく、一定量分泌されれば休み、必要に応じて分泌されます。

 

洗髪の方法や回数、食生活、ストレス、温度や湿度などの外界からの刺激、ホルモン異常や代謝などが原因で、皮脂の分泌が増えると、フケの原因菌が頭皮にたまった皮脂を食べてどんどん増殖してしまいます。

 

脂分を好むフケ原因菌にとって、皮脂の多くなった頭皮は住みやすく、増殖するのに絶好の環境。フケ原因菌が増えることで、頭皮を刺激し、皮膚のターンオーバーの周期が早くなってしまうのです。

 

菌は、ニキビの原因となるアクネ桿菌と同じように、正常な皮膚に存在する常在菌のひとつでカビの仲間なのです。皮脂の多い頭や顔、胸、背中などに多く存在します。

 

フケが多量に出るきっかけは以下の2つが多いです。

 

20代後半〜30代になったとき

皮脂分泌の盛んになるのは30歳代です。皮脂分泌は男性ホルモンによって盛んになるため、とくにフケ症は男性に多いのです。
職場でストレスがたまりやすい時期と重なるからというのも大きな原因です。

 

シャンプーやリンスを代えたとき

シャンプーやリンスの化学物質で知らない間にかぶれを起こし、急にフケが目立つようになる人も少なくありません。洗浄力の強いシャンプーを使ったり、よくすすがなかったせいでも皮脂の異常は起きます。自分に合っていないシャンプーと無意識につかうとこうなります。