フケってなに?

フケってそもそもなんでしょうか?

 

頭皮はおよそ28の層でできていてその一番下の基底細胞が毎日分裂し、新しい層が作られています。各層は頭皮表面へと押し上げられ、徐々に角質化していきます。この角質化した古い細胞はやがて役割を終えて頭皮から剥がれ落ちます。これがフケです。

 

フケは、頭皮表面の角質が新陳代謝によって古くなってはがれ落ちたもので、垢と同じです。生理的現象であるので全く問題はありません。しかし、フケの量が非常に多きかったり、大きく目立ってしまう場合などをフケ症といいます。

 

フケ症は、かゆみを伴い再発しやすく、放っておくと、爪でひっかいて頭皮を傷つけて炎症を起こしたり、抜け毛や脱毛の原因にもなってしまいます。

 

フケ症の予防や治療などは、早ければ早いほど、よいです。なぜなら抜け毛や薄毛を予防できるからです。フケが多くなったときにどうするかで、自分の頭の将来が決まります。